ドイツ語ならハイデルベルク

クラス案内-その他講座
 HOME > クラス案内 >試験対策講座

ZD/ Test Daf レベル3準備クラス
!合格には、文法力や単語力だけでは不十分!
新基準で特に難しくなったと言われているLesenを中心に聞きとり・作文・口頭問題を最新の教材をで短期間で学習します。
Telc*試験官資格を持つドイツ語試験のプロNickel先生が、担当!合格への実力アップをお手伝いします。
*Telcはドイツ国内外で認められている語学資格と試験システムを開発する組織で語学試験実施機関として欧州で中心的役割を果たしている。
【定員】3〜8 名


<SD2/A2>
【期間】3/6〜4/17
【日時】月曜:19:00〜21:30
【受講料】当学院生 :¥36,667 一般:¥45,000(登録料不要)(外税)
<B1>
1期【期間】2/15〜3/15・【日時】水曜:18:50〜21:50
2期【期間】3/29〜5/10・【日時】水曜:19:00〜21:30
【受講料】当学院生 :¥36,667 一般:¥45,000(登録料不要)(外税)
<B2>
【期間】2/18〜4/15
【日時】土曜:17:00〜18:50
【受講料】当学院生 :¥45,834 一般:¥54,167 (登録料不要)(外税)

口答試験対策では自分の考えをその場でドイツ語にする力をつけるトレーニングをすることで独学では難しい会話能力テストへの対応力をつけます。
一定の時間内で問題を繰り返す解くことにより実際の時間配分や問題へのアプローチの仕方を身につけて本番に向けての実力を養います。

ZD/ Test Daf レベル3準備クラス
文法力だけでなく読解力と語彙力を問われる独検(ドイツ語技能検定試験)!
各級受験レベルへ実力を引き上げる実力養成講座と、過去問を中心に実践力を養う直前集中講座との組み合わせで合格を目指します。NHKのラジオ講座でおなじみの中山純先生(元慶応大学教授)他ベテラン講師陣による丁寧な指導で問題の解き方や学習方法、問題を読むポイントなどを学び合格レベルのドイツ語力を身に付けます。
2次試験対策クラスは1次試験合格者が対象。独検1級対策講座は準1級合格者を対象にした実力養成講座のみになります。

独検3級対策
【期間】2017年4/3〜6/19(1休講日有)
【日時】月曜:18:50〜20:10
【受講料】当学院生 :¥36,195 一般:¥44,528(登録料不要)(外税)
【定員】4〜8

独検2級対策
1期【期間】2017年 1/21〜4/8・【日時】土曜:12:30〜13:50 (3/11休講)
2期【期間】2017年 4/15〜6/24・【日時】土曜:12:25〜13:55
【受講料】当学院生 :¥36,195 一般:¥44,528(登録料不要)(外税)
【定員】4〜8 名

独検準1級対策講座
【期間】2017年 2/3〜4/21(金)(1休講日有)
【時間】19:00〜20:20
【受講料】当学院生 :¥36,195 一般:¥44,528(登録料不要)(外税)
【定員】4〜8 名

独検1級対策講座
【期間】2017年7/25〜10/3(月)
【時間】18:50〜20:30
【受講料】当学院生 :¥39,194 一般:¥47,500(登録料不要)(外税)
【定員】4〜8 名
【講師】野口薫(中央大元教授)

独検準1級2次試験対策講座
【期間】1月13日・1月20日(日程はご相談ください)
【時間】18:50〜20:20
【受講料】当学院生 :¥12,871 一般:¥21,204(登録料不要) 税抜・教材費
500円
【定員】3〜5名

独学では難しい口頭試験をネイティブ講師と実際に練習して本番に備えます。

独検見直し講座
【独検2級】12月17日 12:30〜13:50
【独検準1級】12月16日 19:00〜20:20
【独検1級】12月19日 19:00〜20:20
【受講料】学院生:¥3,612 一般:¥7,315(登録料不要) 税別
【教材費】
500円(税込)
【定員】3〜5名

独検の各級試験終了後に試験問題の解答チェックと解説を行います。疑問点の解消、自己採点の確認などに。

大学院受験ゼミ

【期間】1月31日〜4月18日(火)
【時間】18:50〜20:50
【受講料】39,167円(税別)  教材費:500円
(受講回数に応じた値段設定があります。途中からの受講の方はお問合せ下さい tel:03-3374-4863 またはbuero@heidelberg.jp)

【定員】3〜6名

グループレッスンのほかに試験内容に合わせた研究計画や面接対策の個別指導を行います。
大学院入試、またはこれと同程度のドイツ語試験の受験を目指す方を対象としています。
受講生は基礎文法を終了し大学入試レベルの読解力を持っていることを前提としています。