ドイツ語ならハイデルベルク TEL:03-3374-4863

クラス案内-文法コース  クラス案内 > 文法コース

文法コース

初級文法・中級文法・ドイツ街歩き読解力養成1読解力養成2

ドイツ語初級文法
ドイツ語初級文法  ドイツ語を基礎からしっかり学ぶクラス。
 ABCから接続法まで、基礎文法を丁寧に学習していきます。
 会話の授業の前後に文法の整理をしておきたい方や、
 独検3・4級を目指している方にもおすすめです。
(お休み部分の次学期への振替可)

担当講師:梅田 紅子
毎学期開講:火曜 18:40-21:40
受講料:49,500円(全10回)(税込)


ドイツ語中級文法

中級文法

1年間全30回の授業を通して、ドイツ語の運用規則の主要な領域についての理解を深め、正しく使えるようになるための土台作りをします。文の基本的な構造を作る動詞の結合価の紹介から始めて、文を形づくる前置詞や名詞、形容詞などの主要な品詞についての特徴や運用上の注意点を学習し、時称・話法・態については形態的な特徴だけではなく、どのように使うのかという運用上の知識の深化を図ります。
また、単一文の問題だけではなく、主文と主文の接続や主文と副文の接続など複合文の構造や接続詞類の使い方、副文を導入する標識語にもとづく副文の役割の見分け方も紹介します
ブロック単位で受講できますので、弱点項目の補強にもお役立だてください。(各回受講可能ですが、ブロック単位での受講を推奨) 
独検準1・2級、大学院受験を目指している方にもおすすめです。

担当講師:中山純
期間: 春学期・夏学期・冬学期の3期(各学期10回)
レベル:初級文法終了後に1学期以上講読などを既習している、または大学などで1年以     上のドイツ語学習歴がある方

<春学期のスケジュール> 5/10~7/12 月曜19:00~20:30
回数 ブロック 授業内容 授業予定日
第1回 第1ブロック
文の基本設計図
動詞の結合価にもとづく文の原型 5/10
第2回 人称変化から見えるドイツ語の原理 5/ 17
第3回 名詞の性と数 5/24
第4回 4つの格の役割について 5/31
第5回 第2ブロック
文成分をつなぐ要素
基本的な前置詞の意味と使い方 6/7
第6回 2つの格を支配する前置詞について 6/14
第7回 2格支配の前置詞と複合前置詞について 6/21
第8回 文や文成分をつなぐ並列接続詞 6/28
第9回 第3ブロック
文成分の順番
平叙文の語順について 7/5
第10回 文の中域における語順 7/12

受講料(税別):38,500円/学期(10回)・ 各回6,930円(税込)
第1ブロック    16,500円 ・第2ブロック 16,500円 ・第3ブロック 8,360円
教材費:220円/回受講ブロック単位でお支払いください




Den Fluss entlang 2 - Den Rhein entlang  
ドイツ街歩き・シーズン2 – ライン川を辿る -  
ドイツ語応用文法  ヴェーザー川沿いのハンザ都市に続き、シーズン2ではライン川沿いの都市や地域をヴァーチャルで訪ね、歴史、経済、習慣、日本との交流などについてのテクストを読んでいきます。

レベル:「中級文法」あるいは「ヴェーザー川を辿る」を受講された方、数年程度の学習歴があり基礎終了程度のドイツ語力がある方

 担当講師:中山 純
 日時:火曜 19:00-20:30
受講料(税別):38,500円/学期(10回)・教材費:2000円/回(税込)


読解力養成1
ドイツ語文法  ドイツ語の基礎段階を終えて、習得した文法や語彙を「テキストを読む」という実践を通して定着させます。ハンザ都市の歴史をテーマにテキストへのアプローチの方法を練習していきます。


 担当講師:中山 純
 日時:火曜 14:50-16:20
 受講料(税別):38,500円/学期(10回)・教材費:2000円/回(税込)


読解力養成2
ドイツ地誌情報の中から主に地域史、歴史上の人物、 習慣の分野からテーマを選び、テキストを読むための枠組み(スキーム)を構築する訓練をします。 中級文法講座を修了しているか、数年程度の継続的な学習をされている方を対象とします。2021年春学期のテーマは「コーヒー」

 担当講師:中山 純
 日時:火曜 13:00-14:30
 受講料(税別):38,500円/学期(10回)・教材費:2000円/回(税込)